機器導入で変わる
店舗運営

お客様の店内行動の可視化深まる顧客理解

お客様が商品情報をスマートショッピングカートに登録しながらお買い物をされるため、「商品を買った順序」のデータを取得することが可能になります。また、リテールAIカメラによる画像解析で、お客様が棚前で立ち止まったかどうか、商品を手に取ったかどうかを把握することもできます。お客様の店内滞在時間も計測可能です。

 

お客様の店内行動の可視化

 


 

▲ページトップへ

 

欠品検知チャンスロス防止

AIカメラが商品棚を監視し、商品が無い部分(欠品面積)を算出して売場の状況をスコア化。一定のスコアを下回ると、バックヤードにアラートを発出して補充を促します。これにより、チャンスロス(販売機会の逸失)を防ぐことができます。

 

欠品検知

 


 

▲ページトップへ

 

お客様と商品のマッチング精度向上

お客様が情報を得る媒体の変化や、お客様のニーズの多様化などのため、従来のマーケティング手法だけでは、お客様と商品のマッチングが難しい状況です。その解決にも、リテールAIが力を発揮します。データに基づく売場の改善や、パーソナライズされた情報の発信が可能です。

 

お客様と商品のマッチング精度向上
リテールAIソリューション

 


 

▲ページトップへ

 

コスト削減、
省人化によるリソース再配分

スマートショッピングカートやリテールAIカメラの導入により、限られた人員での店舗運営が可能になります。これにより、経費や人員などのリソースをより生産性の高い部門に再配分し、「お客様に良い商品を安く提供する」ことを更に推し進められます。

 

コスト削減、省人化によるリソース再配分

 


 

▲ページトップへ

 

Page Top